トップページ:商品・サービスのご案内:おくるまの保険(自動車保険)

  • 商品・サービスのご案内
  • おくるまの保険
  • お住まいの保険
  • おからだの保険
  • 積立型の保険
  • 企業のお客さま
  • 万が一の際に…
  • よくいただくご質問
  • 損害保険用語辞典
  • ご契約と変更手続きの流れ
  • 事故から解決までの流れ
  • トップページへ戻る

商品・サービスのご案内

◆損害保険のご契約にあたっては、契約時の注意点などをまとめた「バイヤーズガイド(損害保険の契約にあたっての手引き)」をご覧ください。


※このページは商品の特長を簡単に説明したものです。詳細につきましては、当社代理店または当社へお問い合わせください。

おくるまの保険

ユーサイド(新総合自動車保険)あなたをやさしく守る自動車保険

ニーズに合わせた補償と充実したサービスで、もしもの時にお客さまのカーライフをしっかりガード、お客さまとそのご家族に安心をお届けします。これからの毎日をアクティブにする自動車保険です。

  1. ご自身や相手の方への補償(ケガ、物、お車)など自動車保険に必要な基本補償でお客さまをお守りします。さらに充実した特約で、より安心なカーライフをご提供します。
  2. 事故や故障などのトラブルのとき、便利にご利用いただけるサービス※をご用意しています。
  3. ご契約から万一の事故時の補償まで、イメージしやすいツールでお客さまに合った自動車保険をお届けします。

※サービスを受けるためには、一定の条件があります。詳細につきましては、PDFチラシPDF(913KB)をご覧ください。

このページの最上部へ戻る

おとなのためのバイク保険

おとなのためのバイク保険 盗難補償付 公式サイト

おとなのためのバイク保険 盗難補償付 盗難も事故も車両トラブルもまとめてお守りする自動車保険

「日新火災おとなのためのバイク保険(盗難補償付)」は1つの保険で包括して事故・盗難・車両トラブルからお守りするので契約のお手続きや管理がとても簡単です。

  1. 盗難による損害を補償します。
  2. 事故により相手の方を死亡またはケガをさせてしまった場合の治療費や、相手の方のお車や物を壊してしまった場合の修理費などを補償します。ご希望される方は、事故によりご自分のバイクが壊れてしまった場合の修理費や、ご自身がケガをしてしまった場合の治療費なども補償することができます。
  3. 車両トラブルがあった際にはロードサービスを無料※でご利用できます。

※サービスを受けるためには、一定の条件があります。詳細につきましては、PDFチラシPDF(913KB)をご覧ください。

このページの最上部へ戻る
アサンテアサンテファクトリー一覧 全国の指定修理工場をご覧いただけます。

日新火災の事故対応

アサンテ地球にやさしい自動車保険
  1. ご契約のお車の事故の際、リサイクルパーツを使用して日新火災が指定する優良工場で修理していただくことで、車両保険料を約10%割引します。
  2. ご契約のお車の事故の際、リサイクルパーツを使用して修理していただきますので、地球環境の保護に貢献することができます。
  3. 当社が指定する優良工場で修理していただきますので、質の高い修理とご満足いただけるサービスをご提供できます。
  4. ドライビングサポート24PDF(913KB)」では、事故やお車のトラブルを24時間・365日サポートします。

※「アサンテ」とは、スワヒリ語で「ありがとう」の意味です。

※アサンテは、新総合自動車保険(ユーサイド)に「リサイクル部品使用特約」および「指定修理工場入庫条件付車両保険特約」をセットした商品です。

このページの最上部へ戻る
自賠責保険 (自動車損害賠償責任保険)すべての自動車に加入が義務づけられている保険です

自賠責保険は、法律(自動車損害賠償保障法)によりすべての自動車(二輪自動車・原動機付自転車を含みます。)に加入が義務づけられている強制保険です。自動車の運行により他人(歩行者、同乗者、他の車の搭乗者など)にケガをさせたり、死亡させたりした場合で、被保険者(自動車の保有者または運転者)が法律上の損害賠償責任を負ったときに保険金をお支払いします。

自賠責保険についての詳細はこちら
Adobe® Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくためには Adobe® Reader が必要です。
お持ちでない方は、左のアイコンからダウンロードしてください。
Adobe® Flash Player のダウンロード
電子パンフレットをご覧いただくには、最新の Adobe® Flash Player が必要です。
お持ちでない方は、左のアイコンからダウンロードしてください。
このページの最上部へ戻る